Company会社案内

History沿革

昭和52年12月 協和ステンレス商会として操業開始
昭和61年5月 協和ステンレス株式会社設立 資本金500万円
平成4年11月 資本金1,000万円に増資
平成8年9月 資本金2,000万円に増資
平成9年2月 なにわの地ビール工場操業
平成9年4月 ワンタッチ式PL-H型配管用高圧クランプの開発。意匠登録済
平成10年4月 千葉営業所(千葉県袖ヶ浦市)を開設
平成11年2月 ブルーパブ「なにわの地ビール屋 浪花厨房」道頓堀ビル8Fに開店
平成12年1月 多管式熱交換器用パイプ成型機開発。意匠登録済
スパイラルチューブ成型機開発。意匠登録済
平成12年12月 なにわの地ビール 生産終了
平成13年4月 ブルーパブ「なにわの地ビール屋 浪花厨房」閉店
平成13年10月 静岡営業所(静岡県静岡市)を開設
平成14年7月 パイプおよび熱交換機。特許取得
平成14年10月 九州営業所(福岡県太宰府市)を開設
平成17年5月 電解研磨設備(本社工場)操業
平成17年7月 ISO9001認証取得(本社工場)
平成17年9月 NO1造管機(2インチ)操業
平成17年11月 本社工場を和泉市に移転
平成18年3月 NO2造管機(4インチ)操業
平成19年8月 千葉営業所を閉鎖し
東京営業所(東京都江東区)を開設
平成20年7月 造管部門JIS表示許可工場の認定取得
JIS G3447、NO JQ0508069
平成20年9月 和泉市にテクノ(フレア加工)工場建設・操業
平成23年1月 大阪ものづくり優良企業賞2010 受賞
平成23年12月 レーザーマーキングシステム導入
平成26年11月 和泉市にテクノ工場取得・操業に伴い前テクノ工場を第二工場に改める。
平成27年3月 インドネシアのスラバヤに PT. Kyowa Stainless Indonesia 設立
平成27年7月 本店所在地を堺市から和泉市(本社)に移転登記する。
平成28年5月 東京営業所(東京都江戸川区)を開設(事務所兼倉庫)、江東区の東京営業所を閉鎖。
平成28年10月 代表取締役社長に抽冬 裕文が就任し、抽冬 正二が取締役会長に就任。
令和2年7月 地球環境に配慮した企業活動の一環として、太陽光発電(自家消費型)を導入しました。