Recruit採用情報

Voice先輩スタッフの声

まだまだ経験が浅いですが、
社内の「生きたお手本」から優しく教えてもらっています。
2019年入社、営業部門、キャリア採用
チームプレイの会社には、温かい雰囲気があります

営業担当としてお客さまと製品の仕様や納期についての折衝、いただいたご注文の内容について製造現場の人たちとの擦り合わせなどの業務をおこなっています。前職も営業職だったのですが小さい会社で何もかも自分でやるところに限界を感じ、協和ステンレスに転職しました。
協和ステンレスにはそれぞれの分野の専門家がいて、それぞれの能力が結集して仕事をするチームプレイの会社です。案件によっては納期など条件が厳しくなることもあるのですが、そういうときに現場の人たちが融通を利かせてくれて対応ができると、お客さまからも感謝されますし、社内にも「一緒に成し遂げた」という充実感が漂います。これは部門同士だけでなく、ベテランと新人といったように世代を超えた関係についても同じで、人間関係のストレスがない職場だと思っています。
まだまだ入社して年数が浅い私なので、職場にいるベテランの人たちとは圧倒的な差を感じます。こちらが悩んでいることに向こうから気づいてくれて声をかけてくれたりすることもありますが、これって本当にこの仕事を熟知していないとできないことですよね。さすが!と思うのと同時に自分もそうなっていきたいと思います。
これから私たちの一員になる方は、元から興味があったという方だけでなくまったくの未経験ということもあるでしょう。もちろん失敗することもあるでしょうが、周りに頼りになる先輩がたくさんいるので、そこは安心してください。温かい雰囲気のなかで日々すごしていける会社だと思いますよ。

切削や溶接の図面を見て、図面に興味がわきました。
今で6年目ですが、今も日々新しいことに出くわします。
2015年入社、技術部門、新卒採用
指導的な立場もしっかりと果たしていきたい

お客さまからいただいたニーズを形にするための設計、図面作成の業務を担当しています。ものづくりの仕事をしたいと思って工業高校から近畿ポリテクカレッジという工業系の専門学校に進み、設計を学んできました。最初は溶接の職人になろうと思っていたのですが、切削や溶接を経験しているうちにそこで目にする図面を見て図面のほうに興味がわいたのが、設計の道に進んだきっかけです。
今の仕事について6年目になりますが、今もなお毎日ように新しいことに出くわします。そんなときは自分で調べて、理解する。これをしないと身につかないので、いつも心がけています。知識を自分のものにしておかないと、教える立場になったときにちゃんと説明できませんしね。すでに指導的な役割も任されていますが、今後さらに新しい人が入ってきたら自分が経験してきたこと、身につけてきたことを丁寧にわかりやすく伝えていくことも、自分のなかの課題にしています。なので、私の仕事を一緒にすることになった人には、何でも聞いてほしいです。そういう人のほうが伸びるでしょうし、私も可愛がりたくなります。失敗を恐れず何でもチャレンジしてほしいですし、もし何かミスをしても私が責任をとるので安心してください(笑)
会社には若い人が多いので、同じ世代同士喋りやすい雰囲気だと思います。いつかはこの世代の人たちと一緒に会社の中心的メンバーになっていくために、一緒にキャリアを積んで自分を高めていきたいですね。